大口を開けたヨタカ

平地から山地にかけての森林草原などに生息する。渡りのときには日本海の離島でもよく観察され

海岸の岩場に止まっていることもある。夜行性で、昼間は樹上で枝に対して平行に止まり休む

抱卵中に危険を感じると翼を広げて威嚇する。鳴き声は大きく単調な「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」

鳴き声からキュウリキザミやナマスタタキ、ナマスキザミなどの別名もある


食性は動物食で、昆虫などを食べる。口を大きく開けながら飛翔し、獲物を捕食する(ウィキペディアより)

e0330871_07285698.jpg
吸い込まれそうな位.. 大きく口が開きます037.gif

e0330871_07285280.jpg
e0330871_07284965.jpg
e0330871_07284514.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
見たよ~で、ポチッと応援して頂けると..嬉しいです060.gif

[PR]
by kitamoto271-2 | 2014-11-11 07:37 | Trackback
トラックバックURL : http://toshi271.exblog.jp/tb/22559331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 欅の紅葉とツツドリ カミキリ虫を見つめるヨタカ >>